カードローン・金利.com

カードローンの審査基準って?※審査に通りたい!

カードローンを申込際の審査の基準はそれぞれの金融会社によって違いはありますが、年齢や職業、勤続年数、居住年数などが融資の可否の判断の基準になっています。カードローンをはじめとした融資について審査が行われるのは、申し込んだ人に返済能力があるかないかを確認することが基本であり、返済能力があることを確認するには収入の状況を調べる必要があります。
そのため勤務先の情報や勤続年数は審査が行われるときの判断基準として重視されます。安定した収入がある人ほど融資を受けやすくなります。勤務先の情報においては会社員であり正社員でなくともパートタイマーやアルバイトで安定的な収入を得ている人でも融資の利用は可能です。
カードローンの審査は2段階によって行われ、インターネットなどで申し込みをする場合に事前審査があり、結果はすぐに出るようになっています。そこから次の段階である本審査に向けて、その際の確認として必要となる書類の提出を求められます。書類の提出が早いほど、結果はすぐに出ますので融資を受けることも早くなります。
また審査の基準には過去の借入などの利用状況も重視されます。申込者が自ら申告しなくても各金融機関で信用情報機関を通じて、申込者の過去の利用状況を確認出来るようになっています。過去の融資の利用において返済が遅れたりお金を返すことが出来なかったなどの問題がある人の場合、融資を受けることが難しくなります。また現在複数の会社から借り入れの利用をしている場合でも融資が難しくなります。

カードローン会社を比較したい時は


カードローン比較表へ


その他の人気記事一覧♪

【今すぐ借りたい!】最短・即日融資に対応したカードローン
【比較して調べたい!】みんなに人気のカードローンとは?
【なるべく金利を抑えたい!】無利息サービスのあるカードローン
【初めてでも安心♪】あなたに合ったカードローンの選び方